通販でカニをゲットしてカニ鍋にしたい!

かに鍋が食べたい!

カニ鍋の季節は何と言っても11月から2月頃でしょうね。

 

勿論、今は夏でも冷房が効いて涼しいですから、暖かい鍋でも美味しく頂けますから1年中を問わずいつでも美味しいカニ達、カニ通販でいつでも取り寄せる事が出来るし、カニ好きには堪りません。

 

タラバガニは焼いて食べるのが美味しいし、毛ガニの味噌は日本酒と一緒に食すると最高の味です!

 

しかしやっぱりカニ鍋にすると家族みんなで仲良くなる様な気もしますよね。

 

カニ鍋の具材というと白菜、春菊、しめじ、えのき、まいたけ、しいたけ、ねぎ、豆腐、水菜など等、仕上げに柚子の皮を擦って入れると風味が増して尚、美味しいですよね。

 

カニにもいろいろな種類がありますが、タラバガニ、ズワイガニ、毛がに、花咲ガニ、ワタリガニ、紅ズワイガニ(これは茹でなくても赤いカニです)後、松葉ガニ、越前ガニというのもありますよ。

 

カニ通販を上手に使えば良いカニが手に入り、また美味しく頂けるよう、解凍の仕方や保存の仕方など等を間違えずに調理して美味しく味わっています。

 

タラバガニの浜茹では調理不要ですからすぐにむしゃぶりつけますよ。

 

これは最高ですね!

 

最近は優良業者の冷凍ガニは驚く程、美味しいですよ。

 

但し、上手に解凍しないとパサパサで旨味のないものになりますから、そこだけは要注意ですよね。

 

完全に解凍してしまわず、8割位解凍する方が旨味が逃げずに美味しく食べられます。

 

再冷凍は絶対にしないで食べる分だけを解凍することが大事です。

 

北国からの贈り物

 

かに本舗

 

かにまみれ

 


 

マルゲン後藤水産

 

かに王国

ズワイガニや毛ガニやタラバガニ、ワタリガニなど

カニがどうしても食べたくて、通販サイトを見ていたら、ズワイガニや毛ガニやタラバガニ、ワタリガニなど、カニの種類がいくつかあるので、どれが一番なんだろうと迷ってしまいました。

 

それでインターネットで調べてみたのですが、私と同様に迷っている人が結構いるようです。

 

できることなら、全部試してみたいとも思うのですが、金銭面を考えるとそれはちょっと難しい…。

 

中でもズワイガニが高級な部類に入るようで、値段も高めです。

 

口コミを見てみても、甘くて旨いという意見がたくさんあります。

 

確かに、ズワイガニというと高価なイメージがありますよね。

 

それから、毛ガニはお値段がお手ごろです。

 

口コミを見ると、毛ガニは身だけでなく、カニ味噌も旨いとあります。

 

ズワイガニの旨さとはまだ違った旨さのようです。

 

ただし、毛ガニは量が少ないので、そこが残念みたいですね。

 

そして、タラバガニも値段もお手ごろに設定されています。

 

口コミを見ると、ズワイガニよりも味は落ちるが、量が多いので、満足できるとありました。

 

カニ通販デビューは何にしようかなと、しばらく熟考して、まずはタラバガニを試してみようかなと決めました。

 

タラバガニは初心者向けのような気がします。ちなみに、通販から届いたら、カニ鍋にするつもりです。

 

カニ鍋具材も用意しなければいけないですね。

 

カニ鍋の作り方は通販から送られては来るようですが、今から楽しみ過ぎてレシピを調べたりしています。

 

せっかく通販で頼むですから、出汁はやはり昆布で取ってみようと思います。

 

なんでも、出汁のカニの旨みが出ているので、味付けはなくて大丈夫なようです。

 

具材は白菜とネギはもちろんのこと、エノキや豆腐も入れましょうか。締めは雑炊にするつもりです。

カニ鍋具材について

カニ鍋具材には白菜、春菊、しめじ、春雨、ネギ、豆腐、油揚げ、水菜・エノキ、舞茸、しいたけ、仕上げに柚子の皮をおろしたものを使うと風味が良くても家族みんなで鍋を囲む一家団欒の食事は楽しいと思ってると思いますよ。

 

何か特別の日のご飯と言う感じです。カニに関して言えば、カニ通の人でもカニの好みがあると思うんですが、オールマイティーに人気を獲得しているのがズワイガニじゃないかなと思います。

 

カニは定期的に脱皮をするのでそのタイミングによって味が全然違います。

 

脱皮直後のカニは水っぽくて旨味が少ないです。

 

これは皮を作る為に、栄養分を使い切ってしまって、痩せているからです。

 

脱皮から時間が経って、再び栄養が行き渡りそろそろ次の脱皮を迎える頃が、1番身が詰まって美味しいカニになるそうです。

 

これがブランドガニ、選別しているから数も少なくて当然高価ですが味は素晴らしい!ということです。

 

より美味しく感じる。

 

カニ鍋具材はその家庭によってもいろいろあると思いますが我が家ではこんなものが好まれます。

 

カニ鍋はどちらかと言うと大人の好む食べ物かな?と言う気はしますが、子供でも家族みんなで鍋を囲む一家団欒の食事は楽しいと思ってると思いますよ。

 

何か特別の日のご飯と言う感じです。

 

カニに関して言えば、カニ通の人でもカニの好みがあると思うんですが、オールマイティーに人気を獲得しているのがズワイガニじゃないかなと思います。

 

カニは定期的に脱皮をするのでそのタイミングによって味が全然違います。

 

脱皮直後のカニは水っぽくて旨味が少ないです。

 

これは皮を作る為に、栄養分を使い切ってしまって、痩せているからです。

 

脱皮から時間が経って、再び栄養が行き渡りそろそろ次の脱皮を迎える頃が、1番身が詰まって美味しいカニになるそうです。

 

これがブランドガニ、選別しているから数も少なくて当然高価ですが味は素晴らしい!ということです。

 

北国からの贈り物

 

かに本舗

 

かにまみれ

 


 

マルゲン後藤水産

 

かに王国

かにしゃぶ

かにしゃぶって言うのはまだ食べた事はありませんが、肉の様に1切れが大きいとしゃぶしゃぶする事ができますが、かには足の身ぐらいは長くしゃぶしゃぶもできると思うんですが、それ以外のところはどの様にしゃぶしゃぶするのかよくわかりません。

 

勿論、茹でてない生のかにをしゃぶしゃぶするんでしょうねぇ。

 

かにからも出しはでるでしょうが、他には普通の鍋料理の要領でやればいいんでしょうがかにしゃぶと言ってしまうと果てどうすれば良いんだっけ?となりますねぇ。

 

かにしゃぶを食べた事がないからなんでしょうか?

 

私の場合はかにだったら、何もかにしゃぶにしなくても、幾らでも美味しい食べ方はあるんですから、かにの存在が薄くなる様な食べ方じゃなくても良いんじゃないかな?と思います。

 

私がよく作るかに玉に甘酢あんをかけた料理はうちの家族みんなの大好物ですし、かにチャーハンやかに入りのホワイトクリームパスタもよく作りますよ。

 

兎に角、かにが入っているものは何でも美味しいと思ってしまううちの家族ですが、そういう家族みんなの大好物があると料理する方も嬉しいですし、やりやすいですね。

 

よく旦那様はかにが好きだけど、子供達は別のものが良いとか言い出すと本当に困ってしまいます。

 

毎日がそうだともう料理する事が負担になって気が重〜くなるんですよ。

 

やっぱり何でも美味しい美味しいって言ってくれる人のために料理はしたいです。

 

あれはダメこれはダメという人は人間的にも問題があると聞いています。

 

確かに円満な人は何でも美味しい美味しいと言って食べるんですよね。

 

そういう人の為に、家族の為に料理はしたいです。

 

料理すること自体より、それを食べた人が如何に喜んでくれたか、美味しいと言ってくれたかで料理がより好きになるんですもの。

 

北国からの贈り物

 

かに本舗

 

かにまみれ

 


 

マルゲン後藤水産

 

かに王国